シュンケンバッカーZ

沖縄に住んでるブロガー。筋トレが好き。ローカル、グルメ、書評、オピニオン。なんでも書きます。減量中。

「安定」という言葉の幻想

「安定」なんて無い

どうもです。

 

先日友人たちと飲んでいる時「安定」について会話をしました。

 

酒が入り微妙にあやふやな内容でしたが書き留めておきたいなぁと思ったので今回は「安定」という言葉について書こうと思います。

 

「安定」なんて無い

まず初めに、僕は安定」なんて言葉は無いと思ってます。

 

友人と話した内容はパートナーとの将来について。

 

現状は「共に安定したら一緒になりたい。」で落ち着いているとの事でしたが、酒が入って良くも悪くも大らかになった僕は「安定なんて無い!」と断言してしまいました。

 

人生何が起こるかわからない

ありきたりな意見ですが、人生何が起こるか分からないんですよ。

 

僕の身内の話で恐縮ですが、僕の母方の叔母はある日突然、脳出血で倒れ現在は杖をついて歩く体となってしまいました。

 

それまでは元気に働き風邪なんか引いた事なかったのに、です。

 

歩いていたら交通事故にあうかも、何気ない咳が大病の警鐘だった、突然の天災、働いている会社の誤差程度の赤字がリストラへの予兆など、可能性は低くとも見えないリスクの上を歩いて生きてるんです。

 

9月の台風24号の時にも強く思いましたね。

www.shunkenbacker.site

たまたま無事であっただけで、こういう目にあうと「生きてるだけで儲け」という明石家さんまの言葉も納得できます。

 

「安定」は得るものではなく作るもの

よく「安定が欲しい」って聞きますが、僕は安定は得るものではなく作るものだと思います。

 

働いてお金を得る、筋トレをして健康な体を維持する、コレらは結局「安定」という言葉を支える要素でしかない。

 

だから大企業に働いたら安定できる〜とか、今経済的に厳しいから安定したら結婚しようとか、そんな不確定な言葉で目標を立てられるのかって思うんですよね。

 

安定していなくてもやってみる

すっげ無責任に言うと考えれば安定なんて作れると思うんですよ。

 

経済的に難しくて結婚できないっていうけど、そもそも将来的に安定してからって言うなら今から結婚して二人で安定を目指すとかでもいいと思うんですよね。

 

一人が難しいなら二馬力で経済的自立を目指すほうが簡単だと思うんですけどね。

 

リスクを踏まえて生きる

乱文ですが「安定」について書きました。

 

多少ひねくれた性格なので世の中絶対」と言う言葉は無いと思ってます。

 

だからこそ、色んな事やった方がいいし、リスクを踏まえてそれに先手を打つような形で生活をするべきだと思います。

 

それが筋トレ、貯金、そして投資、国なんてあてにしちゃダメ。

まさに自己防衛ですね。

 

結局最後にアテにできるのは自分なんですよ。

 

そうなった時、手元にアテにできるものをたくさん揃えておく事が所謂「安定」に繋がるんじゃ無いかなと思います。