シュンケンバッカーZ

沖縄に住んでるブロガー。筋トレが好き。ローカル、グルメ、書評、オピニオン。なんでも書きます。減量中。

コザで老舗のB級グルメ「イタカツ」を食う

人間には2種類いる。イタカツを食べたことがある人間とそうじゃない人間だ。

 沖縄市のコザは米軍統治化時代の雰囲気が今でも残っており、沖縄の中でも独特なカラーを持っている街だ。

 

そういう街の一角に老舗の喫茶がある。それが茶店フリーダムだ。

 

f:id:SHUNKENBACKER:20180826191308j:plain

 

時代が止まったかのような店内

僕がこのフリーダムを好きな理由。それは時代が止まったかのような店内の雰囲気だ。

 

f:id:SHUNKENBACKER:20180826161826j:plain

各席で一対のソファが囲むのは昔ながらのテーブル型の花札の筐体。
なんとこれ今でも稼働しているのだ(やらないけど)。

f:id:SHUNKENBACKER:20180826161855j:plain

 

来た時間はランチもひと段落する14時過ぎ。しかし店内は下がりっぱなしのブラインドでほんのりと暗い。でも嫌な暗さじゃない。

 

そのままうたた寝してしまいそうなリラックスできる感じがとても良い。

水掛け流しの窓を見てると眠くなってくる。

 

ちなみにこの喫茶店なんと24時間営業なのだ。

24時間営業が一般じゃない時代からやってたとすると時代の先駆者的存在と言っても過言ではない。

イタカツを頼む

f:id:SHUNKENBACKER:20180826161929j:plain

イタカツと言うのは略称で「イタリアンカツレツ」というのが正しい名前。

以前は850円だったのに900円と地味に値上がりしてる。でもたまに食べるから問題ない。老舗の喫茶店だけど注文は食券制。

時代の止まった店とシステムが同居している、これがサイバーパンクか!(多分違う)

 

いざイタカツ!

イタカツを待ってると最初にセットで頼んだアイスティーが来た。

f:id:SHUNKENBACKER:20180826161950j:plain

アイスティーが入っている器がキャンプで使われてそうな見た目。そんな無骨な感じが気を張らなくてもいい。

 

そして待ってました!イタカツ

f:id:SHUNKENBACKER:20180826162011j:plain

そうそう!これこれ!って言いたくなるビジュアル。


薄いカツの上に満遍なく乗ったミートソースとそれに被さるよう蕩けているチーズが喉を鳴らす。
付け合わせのポテサラとポテトフライで芋がダブっているがそれも愛嬌。
申し訳ない程度のキャベツとサラダも良き。

 

スープとライスもついて900円、沖縄ではちょい高めだがたまにはいいじゃないか。

 

f:id:SHUNKENBACKER:20180826162205j:plain

さっくりとした薄いカツにミートソースとチーズの濃い味が頭の中の「好き」感情を加速させる。今なら幸せって書いて高カロリーって読める。

 

ちなみにオススメの食べ方はタバスコとコショウのダブルパンチ。

 

f:id:SHUNKENBACKER:20180826162049j:plain

コショウを好きなだけかけ(多め推奨)。

 

f:id:SHUNKENBACKER:20180826162114j:plain

親の仇か!というくらいにタバスコをかける。

 

これでジャンク感が増し、高カロリーにさらなる背徳感をプラスするのだ。

 

チーズとミートソースを乗せただけなのに何故か美味い

ぶっちゃけイタカツって家でも作れる料理だと思う。

カツが美味いとか、乗ってるチーズやミートソースが特別美味いとかそういう訳じゃない。ただ何故か美味い。

そう、説明できない何かによって地元民に愛されているのだ。

それは昔からあって誰でも受け入れてくれる、そんな雰囲気がこの店にあるからじゃないかと思う。

 

フリーダム」という名前の通りこの店にはそういう魅力がある。

r.gnavi.co.jp