シュンケンバッカーZ

沖縄に住んでるブロガー。筋トレ、ローカルのイベントやグルメ。基本なんでも書きます。

今年のカレー食べ納めはここ!那覇国際通り「琉球珈琲館」の『あぐーカレー』

人間には2種類いる。

 

琉球珈琲館」のカレーを食べた事がある人間とそうじゃない人間だ。

 

どうもです。

 

減量が終わった、そして年末の胃袋の駆け込み需要でめちゃくちゃ飯を食ってる僕です。

 

今年は例年のような年末ではなく「平成」もその短くない歴史に幕を下ろそうとしている。

 

つまり特別な年末な訳で、僕の胃袋も「アレ食え。コレ食え。」と胃から上がる声(ストマックトーン)に従って2018年平成最後、悔いが無いように食べ納め活動をしております。

 

国際通り琉球珈琲館」でカレーを食べ納め

という訳で今回の今年食べ納め飯は「カレー」。

 

そしてやって来たのはここ国際通り

 

国際通りドン・キホーテ前

 師走だというのにいつも通り観光客で賑わう沖縄観光のメインストリート。

 

しっかしクリスマスイブのイブのイブだっていうのにクソゲボに暑い

那覇市26℃

26度とかふざけんな。

 

歩いているだけで汗ばむ陽気。

 

夏だと錯覚させる気候なのに日没はしっかり冬なので沖縄の冬は夏と冬の悪いところを取った天候だと覚えておいて欲しいです。

 

さて暑さと共に歩いて着きました。

 

今回のお目当てのお店はここ「琉球珈琲館」。

琉球珈琲館、入口階段前


最近出来た一蘭ラーメンの隣の隣の2階にある名前の通りコーヒーとカレーの専門店です。

 

琉球珈琲館、入り口

階段を登って店内に入ります。
 

店内は窓辺席の2階と窓辺、テーブル、ソファ席の3階という仕様。

 

珈琲館らしくレジ横には自家製?のコーヒー豆も売ってます。

 

琉球珈琲館、レジ横

 

注文はレジで行い、先払いのシステム。

 

今回は沖縄らしくあぐー豚を使った「あぐーカレー(1,300円)」と「ぶくぶく珈琲(600円)」をアイスで注文しました。

 

琉球珈琲館、3階席


昼下がり、ひと段落したのか店内はお客さんはおらず、でもそれが心地良い(お店的にダメだけど)。

 

ここ「琉球珈琲館」はWi-Fiが飛んでいているのが嬉しい。

 

通信規制真っ只中の絶賛ギガ難民なのでカレーを待っている間、手持ち無沙汰にならずにすみました。

 

あぐーカレー、食す!

琉球珈琲館「あぐーカレー」

15分くらいで頼んだカレーが到着。

 

結構大きな皿にサフランライスとカレー。幸せのハーフアンドハーフ。

 

早速いただきます!!

 

あぐーカレー、接写

うん、分かってたけど美味い!

 

咬合筋が存在しない、つまり噛む力が必要ない世界線から来たんかお前と言わればかりに柔らかく煮込まれたアグー豚の旨味が溶け込んだカレーはサラサラと軽い口当たりなのにしっかりした味。

 

大皿で来たのにスイスイ食える!

 

ちなみに辛さはそこまでなく、しかし甘過ぎな訳でもない程よい味のバランスでした。

 

ぶくぶく珈琲が来た

ぶくぶく珈琲、紅芋のチーズタルト、黒蜜

カレーを食べた後、良いタイミングで頼んでおいたぶくぶく珈琲が来ました。

 

琉球珈琲館の紅芋チーズタルト

何やらサービスでチーズタルトもいただきました。

 

コーヒーは泡がそんなに邪魔にならず、ライトな味。甘みは黒蜜で調整。

 

コーヒーに黒蜜って初めてだけど結構合う。サービスのタルトも甘過ぎず美味しい!

 

来年もまた来たい

あぐーカレーが思ってたより美味かったので、他のカレーも食べたい!って事で来年もまた来させていただきます。

 

ただ欲を言えばドリンクセットとかあって欲しかったなー。場所が場所だけに値段の理由もなんとなく分かるけど一回あたりの値段が高くつくのは痛い。

 

琉球珈琲館の自由帳

最後に美味しかった事を書こうと思ったけどペンがなくて諦めました。

 

今度はペンも持ってから行こう!(多分借りられると思うけど)。

 

琉球珈琲館

場所:〒900-0013 沖縄県那覇市牧志1丁目2−26


食べログ情報

tabelog.com